アイフルの質問に体験者がお答えします。

アイフルのよくある質問に体験者が回答!

アイフルで融資の申し込みをしようと思っていますが、本当に店舗に行かなくても契約から融資まで、ネットや携帯だけで完結してしまうのでしょうか?身分証明書などはどのように提出するのでしょうか?もし、店舗に行かなくてはならないケースがあったら教えてください。アイフルのインターネット申し込みは、申し込みページに個人情報や勤務先情報、借入希望額を入力↓アイフルの担当者による、電話での入力事項の確認↓在社確認↓...

現在、クレジットカードを1枚持っていて、キャッシング枠を20万円使っています。また、ショッピングのリボ払いがかなり多く、総額で30万円ぐらいの支払残高があります。キャッシング枠が一杯なので、アイフルでカードを作ろうと思っていますが、初回の申し込みでどれぐらいの借入ができるのでしょうか?ご質問者様が職に就いていて、安定した収入があるという前提で回答しますと、法律で借入ができる額は、年収の3分の1まで...

ブラックリストという言葉をよく耳にしますが、これは実際にどのようなリストなのでしょうか?また、インターネットの口コミなどを見ると、「申し込みブラック」といった言葉も目にします。この意味についても教えてください。ブラックリストというものは、実際には存在しません。個人の金融会社からの借入情報は、第三者機関である信用情報機関が一括で管理しています。たとえば、銀行が加盟している全国銀行協会、クレジットカー...

消費者金融は有名どころで3〜4社ぐらいありますが、どこの会社もインターネット申し込みの審査基準は同じなのでしょうか?同じ条件で融資を申し込んだとしたら、金融会社によって融資の額は違ってきますか?金融会社の審査基準には、金融業界共通のものと、その会社が独自で決めている基準の2種類あるようです。わたしはアイフル1社しか申し込んでいないので、自分の経験では各社の比較ができませんが、友人や知人が他社から融...

アイフルで融資を申し込む時は、収入証明書が必要になりますか?プロミスで50万円の融資を申し込んだ友人は、収入証明書が不要だったと言っていましたが、アコムで融資を申し込んだもう一人の友人は、収入証明書の提出を求められたと言っていました。また、収入証明書とは、どんなものが該当しますか?金融会社が個人に融資を行なう時、1.50万円を超える融資を行なう2.他社の融資額と合わせると100万円を超える申込者が...

現在、2年間勤めた会社に正社員として勤務していますが、2週間後には退職する予定で、現在は有給休暇の消化中です。会社にはあと2,3日しか出社しません。このような状況でアイフルに申し込む場合、勤務先を今の会社にしても問題ないのでしょうか?退職後はしばらくアルバイトをすることが決まっているので、返済はできる状態にあります。アイフルなどの金融会社に借り入れ審査を申し込む時は、その時点で勤務している会社の情...

わたしは今から7年ほど前に、事業に失敗して自己破産をしました。消費者金融からお金を借りていたこともあります。その後、生活を立て直して、今は普通に会社勤務をして正社員として働いています。このような過去がある私が、もう一度、消費者金融から融資を受けるのは無理でしょうか?自己破産や任意整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されます。金融会社は、融資の審査をする時に必ずその信用情報機関に個人情報を照会...

アイフルではインターネットからの融資申し込みで、300万円まで借りられるとありました。わたしは100万円の枠で申し込もうと思っているのですが、現時点で必要な額は30万円程です。そこで質問なのですが、将来的に100万円を借りるのであれば、最初から100万円の希望額で申し込んだほうがよいのでしょうか?それとも、利用している最中に必要が発生したら、増枠を申し込めばよいのでしょうか?ご質問者様が100万円...

わたしは主婦です。たしか、主婦だと消費者金融はもちろんのこと、クレジットカードのキャッシングもできなくなったとニュースで聞きました。現在、パートで月に10万円ほど収入がありますが、やはり、アイフルなどの消費者金融からの借入は無理でしょうか?貸金業法が改正されて、総量規制が設定される前までは、収入がない専業主婦にも融資をすることは許されていました。それによって、主婦の多重債務者が増えてしまい、社会問...

私には、住宅ローンとバイクのローン、合わせて1,500万円ぐらいの残高があります。この額は、アイフルの融資を申し込む時にマイナスになりますか?ニュースか何かで、個人が借りられる金額は年収の3分の1ぐらいと聞いた覚えがあります。わたしの年収は800万円ぐらいなので、3分の1は軽く超えています。2010年の6月から、貸金業者からの借入限度額は年収の3分の1までという「総量規制」が設定されました。しかし...