申し込みブラックって何?

ブラックリストって本当にあるの?

ブラックリストという言葉をよく耳にしますが、これは実際にどのようなリストなのでしょうか?

 

また、インターネットの口コミなどを見ると、「申し込みブラック」といった言葉も目にします。

 

この意味についても教えてください。

ブラックリストというものは、実際には存在しません。

 

個人の金融会社からの借入情報は、第三者機関である信用情報機関が一括で管理しています。

 

たとえば、銀行が加盟している全国銀行協会、クレジットカード会社が加盟しているシーアイシー、消費者金融会社が加盟している日本信用情報機構(JICC)などがあります。

 

各金融会社は、融資をしている人の借入額、支払状況(支払遅延がないかなど)などをこの信用情報機関に届け出て、健全な融資ができるように金融会社同士で情報共有しています。

 

俗に、ブラックリストと呼ばれているのは、この信用情報機関に自己破産や任意整理、長期間に渡る支払遅延などの記録が載っていることを指していて、個別のリストが作られているわけではありません。

 

また、金融会社は融資の申し込みを受けると、その記録も信用情報機関に登録します。

 

つまり、A社という金融会社に融資の申し込みをして、立て続けにB社という違う金融会社にも融資の申し込みをすると、B社はA社にも融資したことを知ることになります。

 

融資の申し込みが1,2社程度だったら問題ないと言われていますが、この数が増えると金融会社は「お金に困っている人」として見なし、審査でマイナスになることがあります。

 

この状況のことが、「申し込みブラック」と言われているようです。