アイフル審査をスムーズに行う方法は?

アイフルの審査をスムーズに通す注意

アイフルの審査がスムーズに進むためには、いくつかの注意点があることが分かました。

 

それをカンタンにまとめます。

 

【注意点1】他社からの借入件数、金額は正しく書くこと。

 

わたしたちがどのクレジットカード会社(消費者金融含む)から、いくら借りているかは、金融会社が登録している信用情報機関に問い合わせれば、すぐに分かってしまうそうです。

 

金融会社はこの信用情報機関に登録していて、自社の顧客だけでなく、新規で借入を申し込んできた人の借入件数や金額を確認し、その人の返済能力や信用度をチェックします。

 

申し込みと違う件数、金額だったら、アイフルでの審査において個人の信用度が落ちてしまうので、申し込み前に必ず自分の情報を確認しましょう。

 

【注意点2】勤務先の情報も正確に記入すること

 

現在、きちんと職に就いている人であれば会社の情報をきちんと記入すれば問題ありませんが、退職したばかりの会社や、これから入社する予定の会社でしたら、電話で在社確認が行なわれるので、一発で審査に落ちてしまいます。

 

こうした状況で審査に落ちると、信用情報機関には登録されませんが、アイフル社内でチェックされてしまうので、その後、就職して再度申し込みした時の審査でNGが出る可能性が高くなります。

 

【注意点3】提出書類の画像確認は慎重に

 

これはわたしの失敗談ですが、アイフルの申し込みはネットで完結できて非常に便利ですが、身分証明書を画像で送る場合、きちんと文字が見えているか慎重に確認しましょう。

 

きちんと撮影したつもりでも、名前や生年月日などが見えにくいと、審査に時間がかかったり、わたしのようにFAXで再提出することになりかねません。